FC2ブログ

生きて

人間生きていたら、いろんなことがあるよね。
泣きたい時もあるし、悲しい時もあるし、さみしい時もある。
気持ちの切替が簡単にできない人もいる。
そんな時は、ひとりで抱え込まないでください。
誰か、話せる人がいたら話してみてください。
疲れたら、ゆっくり休んでください。

先ずは、ごはんを食べて頭をからっぽにして、好きな音楽を聴いて、ゆっくり休んでください。
寝てください!

まわりを見てください。
きっと、あなたのことを、受け止めてくれる人がいると思います。
かけがえのない、あなたのいのちを大事にしてください。

ありがとう。

悲しいニュースが、またひとつ街に流れた。
子供の頃、よく見ていたドリフターズ。
そのドリフターズの志村けんさんが、新型コロナウイルスで亡くなった。
きっと、助かるだろう!そうおもっていた。
でも、高齢で身体に疾患がある人、タバコをよく吸う人、お酒をよく飲む人・・・
このような人たちは、特に重症になるみたいです。
志村さんは、タバコはもうやめていたそうですが、肺は弱っていたのではないかとおもいます。
高齢者の人たちは、特に気をつけてほしいです。

若い人たち、若くない人たちもこのウイルスを甘くみないでほしい。
大切な人と、二度と会えなくなるかもしれない。
自分自身を、まわりの大切な人たちを大事におもってほしい。
また、若くない人たちも、気をつけてください。
うがい・手洗いを徹底してください。

みんなで、この大変な時期を乗り越えていきましょう!

そして、志村けんさん。私たちに笑いを、ありがとうございました。
子供の頃、とても楽しかったです。
あなたのことは、決して忘れません。
こころより、ご冥福をお祈りいたします。

みんな がんばろう!

私たちはもう少し、この新型コロナウイルスに対して危機感を持たなければいけないなと、あらためておもった。
アメリカでは人と接するときは、2メートル間をあけなければいけないみたい。
自分やまわりの人たちを守るために、私たちも危機感を持たなければいけないんだなと、アメリカに住む友だちからのメールでおもった。

手洗い・うがいは、もうみんなやっていることだけど、会話をするときマスクをしていても、少し離れて相手と話すほうがいいなと思う。
仕事で利用者さんと話をするとき、できるだけ真正面ではなく少し横を向いた感じで話したり、(離れていたら、真正面)耳の遠い人なら近づくけどマスクをした口元に手をおいて、息がかからないようにして話してます。
利用者さんもコロナのこと、よくわかっているから、嫌な顔はしません。
高齢者や持病をもった人たちと話をするときは、ほんとにもっと、気をつけなければいけないなと思いました。

オリンピックやコンサート、みんなの楽しみにしていること、今は耐えなければいけないときではないかとおもいます。
私にとって、ALFEEのコンサートは、自分にとっての「生きる力」です。
メンバーも前期高齢者。そして、日本中、世界中の人たちがこれ以上、新型コロナウイルスにかからないように願うばかりです。
私自身もこれからもっと、気をつけて行きます。
みなさんも、気をつけてくださいね。
みんな、がんばろう!

マスクを作る

薬局やコンビニからマスクが消えてから、私は一度もマスクとであうことがない。
トイレットペーパーには、最近よくであうけどね!
でも、なくなるかなり前からマスクは少しずつ買っていました。
花粉症だから。
でも、このままずっとマスクが手に入らなければ、いつかは困ることになるなぁ~と、言う思いと、あとマスクがなく困っている人たちが周りにいるので、マスクを作ることにしました。
ユーチューブでいろんなタイプの手作りマスクが紹介されています。
いろいろ考えた結果、いつものプリーツタイプを作ることにしました。
何年も使っていなかったミシンを出し、さあ縫おうとすると、ガタガタガタ!やっぱり!

いろんなところを調整して、なんとか三つのマスクを作りました。
でも、あともうちょっとと言うところで、ミシンが止まってしまい最後は手で縫いました。
作った三つのマスクをキレイに洗って、干しています。
あとは、アイロンをかけてゴムひもをつけるだけ。

たくさんのダブルガーゼを購入してるので、東京の友だち家族や日本語を勉強しているお友だちや、年2回お茶会をしている先輩、そして、アメリカに住む友だちの分も作ろうと考えてます。
今年、二十数年ぶりに会えるかも知れなかった友だち。
たぶん、会うのは難しくなるよね!会いたかった。

優しい言葉

最近、気持ちがすっきりしない日が続いている。
なんでかな?と自分を見つめなおすと、不安だった。
新型コロナ。みんなに、不安をばらまいている。

私は、高齢者の人たちと毎日接しているので、もし、自分が感染していたらどうしよう!
利用者さんに何かあったら、どうしよう!そんな、不安が毎日ついてまわります。
手洗い、うがい、マスクに手の消毒を、念入りにしていても、100%ではない。
そんなおもいを毎日持っていたためか、気持ちがすっきりしませんでした。

でも今日、とてもこころがあたたかくなることがありました。
午前の仕事の帰りに、スーパーのレジに並んでいたとき、トントンと肩を誰かがたたきました。
知った人かな?と、振り返ると、知らない70代ぐらいのおじさんでした。
そのおじさんは、私に向かってこう言いました。
「ここに乗せたらいい!」おじさんは、自分のカートのカゴの上に、私の買い物のカゴを置いたらいい!と。
は?と、言う顔をしたら、おじさんは、また同じことを言いました。
なんと、おじさんは私の持っているカゴが重そうにみえて、自分のカゴの上に置かせてくれようとしていたのでした。

すごく、うれしかった!
びっくりはしたけど、知らないおじさんからの優しい言葉に、おもたかった気持ちも軽くなりました。
おもいがけない人の優しさにふれ、午後からはあたたかいこころで仕事ができました。

ほんの一言で、こころがあたたかくなる。
言葉って大事だな・・・ありがとう!
プロフィール

ルナ

  • Author:ルナ
  • 自然と花と猫とTHE ALFEEが大好きなものです。
    今まで撮って来た写真やこれから出かけた時に撮る写真などを、載せて行きたいなと思っています。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ランキング参加!
にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク