FC2ブログ

五月天(Mayday) 大阪城ホールへ行く!

昨日と今日、大阪城ホールで行われた、五月天(Mayday)と言う、台湾のロックバンドのコンサートに行ってきました。
私は、ALFEE一筋なので相方(夫)の付き添いで行ってきました。

相方は、ここ一年ぐらい前から五月天(Mayday)の動画をよく見ていて、中国語まで勉強していました。
相方をこんなに夢中にさせる五月天(Mayday)とは、どんなバンドなのか気になりました。

どこがいいのか本人に聞いてみると、歌の歌詞がとても良いとのこと。あとは、メンバーの人柄がいいみたいです。
しかし、中国語の歌詞は聴いていてもわかりません。
コンサートは、楽しめるかな?とおもっていましたが、ステージの両脇にモニターがあったのでよく見えました。(日本語訳の歌詞もありました。)
それから、来ていたお客さんのほとんどが、中国語がわかる人たちでした。
たぶん、台湾や中国そして、日本各地に住んでいる台湾の方たちが、この大阪城ホールに集まってきたんだろうなぁ~。
ほとんど、中国語しか聞こえない中、外国に来ているみたいで、ちょっと不安になってしまいましたが、係のお姉さんたちの日本語やたまに聞こえてくる日本語を聞くと、ほっとしました。
(日本に住む外国の人たちは、こんな不安な気持ちになることもあるんだろうな。)

20代30代のファンの方たちが多くて、パワフルでそして、みんなとっても楽しそうでした。
大好きなバンドのコンサートに来てメンバーに会えて歌を聴いて、みんな幸せそうでした。

こぶしを振り上げたことのない相方が、右手に大きなペンライト左手はみんなと同じように、手をあげて歌に合わせて動かしていました。
横で見ていてびっくりです!浜田省吾やALFEEのコンサートでも、こぶしを振り上げることをしない人が、ペンライトを振っているのですから!
人をここまで変えてしまう、五月天(Mayday)の魅力・・・まだ、ほんの少ししかわかりません。
しかし、人の心を変えることのできる、音楽・言葉(歌詞)そして、伝える人たちの人柄・心が、人の魂まで変えるんだなと今日、気づきました。
またいつか、日本でコンサートがあれば行ってみたいと思っています。

五月天











姫路のピアノ教室

知人のピアニスト 竹田加奈子さんが新たにピアノ教室を開くことになりました。
姫路にお住まいの方、近隣の方、竹田先生のところには、子供から大人の方まで習いに来ているそうですよ。
ピアノの音色は、人の心をなごませますね
私もいつか、習いたいと思っています。

ご興味のある方は、ホームページをご覧ください。

ピアニスト・竹田加奈子ブログ

姫路 ピアノ教室 竹田加奈子公式ウエブサイト

戌の日コンサート

12月8日 土曜日 姫路のイーグレひめじで行われた、戌の日コンサートに行ってきました。
歌 大西麻希子さん
ピアノ 竹田加奈子さん

お二人とも昨年、お母さんになられたそうです。
この日は、お二人の音楽教室の生徒さんたちも来られていたようです。

曲目は、ブラームスの子守歌 竹田の子守歌 ドビュシーの亜麻色の髪の乙女など40分間の短い時間でしたが、私にとっては久しぶりのピアノと歌の時間でした。
また、お二人のコンサートがあれば聴きに行きたいとおもいます。



「戌の日コンサート」



2018年12月8日(土)
11時開演(10時30分開場)
場所:イーグレひめじアートホール(地下1階)
入場料金:500円 (未就学児は膝上鑑賞に限り無料)

出演:
大西麻希子(うた)
竹田加奈子(ピアノ)
曲目:
ブラームスの子守歌
亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)
サッちゃんの家
LaLaLu (映画「わんわん物語」より)


40分程度の歌とピアノになるそうです。
詳しくは、竹田加奈子さんのホームページをご覧ください。

竹田加奈子 公式ウエブサイト

ボヘミアン ラプソディの映画を観てきた。

今日は、レディースデイで仕事も午後からなかったので、映画館に行ってきました。
ボヘミアン ラプソディと言う映画です。
クイーンのフレディ・マーキュリーを描いた映画です。

フレディをはじめて知ったのは、テレビのCMで流れていた曲を聴いたときでした。
はるか昔、ある化粧品のCMの歌にひきつけられたのです。
ボーン・トゥ・ラヴ・ユーと言う曲でした。
誰が歌っているのかわからなく、名前だけ控えてレコード屋さんに行くと、シングルレコードをお店の人が出してくれました。
この人が歌っているのか!家に帰ってから何回も聴きました。
いい歌だわ~♪(今でも歌えます。)
そして、サンテレビでやっていた洋楽をあつかう番組で、はじめてその全貌があきらかになりました。
すごい!この人が歌っているんだ~♪ちょっとびっくりするスタイルでしたが、かっこよかったです。

そんな、フレディの音楽人生と彼の人生。
そうだったんだぁ~・・・
最後は、泣いてしまいました。
人は、愛が必要なんだなって。

映画を観ながらおもいました。
やはりわたしは、今の仕事が好きなんだなと。
最後のときが来るまで、自分を必要とする人たちに笑顔を笑いを届けたいなと。
すぐ忘れてしまう人でも、一瞬でも楽しいとかおもしろいとか思ってもらえたら、それでいい。

今回の映画は、そんなことを思わせてくれる映画でもありました。
フレディがもういないことは、残念です。
でも、彼の歌、彼らの音楽は、永遠に人の心に残ることでしょう。


プロフィール

ルナ

  • Author:ルナ
  • 自然と花と猫とTHE ALFEEが大好きなものです。
    今まで撮って来た写真やこれから出かけた時に撮る写真などを、載せて行きたいなと思っています。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ランキング参加!
にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク